« 神仏魔霊 | トップページ | 無限解放 »

2011/06/27

無限回廊

いや~JIN終わりましたねぇ・・・ってなにあのラスト!?「映画に続く」?オリジナルの「3」があるよ?何ともアレな終わりになってしまいましたね。それまでが良かっただけに残念です。

しかし、薬の名前聞いていたからって、おそらくは用法も確認していたのだろうけど、

拾ったよくわからないクスリ一か八かで使うなよw

まぁ、結果オーライそれで無事助かったからいいんですがね( ´Д`)

それにしてもいままで作中で先生が「よくわからない(忘れた)けど知っている。」と誤魔化していたけれども、仁友堂のみなさんはリアルにそうなったわけですなwどうゆうわけだか知らないが、ペニシリンや、アンドーナッツが作れるぞ、と。

 

先生が小説の話をしていた件であった『パラレルワールド』の水平移動のループ。ああいった話はこの手の物語にはつきものだよね。各種異説があるけど。

一つは『書き変わる』説。懐かしい所でいえば「タイムウォーカー零」はそうだったかな?「依頼主の未来が変わる(依頼しなくなる)から前払い。」が条件だったしね。

もう一つは『元々史実だった』説。簡単にいえば自分の親が自分だった・・・みたいな。過去に自分が行ったから現在が存在するという考えもある。

あとは今回の『パラレル』説。ただ、これは互いに干渉はしないのが通説かな?

 

たとえば、このJINにも出ていた綾瀬はるか(と小出恵介)の「ボクの彼女はサイボーグ」なんかも同じ「ループ」作品だよね。しかし気になる事がある。

「ボク」のところに女の子が現れる(仮にこれをAとする。)。その後Aに酷似したサイボーグ(同じくBとする。)がやってきて身を守る話だけど、BはAに似せられて作った、とある。
そして、Aに会うために行った店で負傷した「ボク」がその未来を変えるため送り込んだらしい。結果怪我をしないで良くなったわけだが、Bの修復を行う。改修されたBの記憶をもってAが初めに戻って会いに行く。

で無限ループ・・・・しかし、このAはBが壊れたところにも表れている。その場合「ボク」はBを修理するのだろうか・・・・。ってことでBを送らない「ボク」も出来上がり?

ドラゴンボールでもおかしなことがある。

トランクスが未来からやってきたときだが、ある時悟飯に「少し過去に行って人造人間を倒したらどうなるのか?」と問われ、「現状は変わらない。人造人間のいない未来ができるだけ。」と答えている。続けて「オレのいる未来では(今回トランクスの薬で助かった)悟空さんはやっぱり死んでいる。」と話す。

ってことは、トランクスにとって「未来」が同一なら、「過去」も同一じゃね?

多分トランクスは20年後からきたはずなんだけど、一旦自分の時代に戻って、また来ても、悟空らの3年後とトラの17年前がイコールのはずが無いことになるんだよね。

実際にトラが帰ったのは荒廃したみらいだったし。

つまり、結局は過去を変えるとそこからした「未来」は変わるんだろう。『書き換え』としたけどもそれも行ってみれば違う「パラレルワールド」に自分が飛んだのかもしれないし。

ほら、よくあるでしょ?地面を蹴って自分が進んでいるのか、蹴られた地面が動いているのか・・・あれみたいなものかな?

そういえば今度からのドラマは期待薄だなぁ・・・JINのあとだから比べられないように手ぇ抜いたか?w

|

« 神仏魔霊 | トップページ | 無限解放 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無限回廊:

« 神仏魔霊 | トップページ | 無限解放 »