« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011/02/28

歳月実感

昨日から「スカパー」の本見てたらさぁ・・・

ドラゴンボールって90年台だったんだなぁ・・・って改めて思ってさ。それじゃあ自分もふけるわけだなぁ・・・って思ったりしたのよ。

もうすっかり「お父さんのアニメ」になっちゃったんだね、DBもwそんな感じはしないけどもw

かくいう自分も年齢的には「今度中学に上がる」子供がいてもそこまでおかしくはない、ギリギリの年齢・・・。う~ん・・・・^^;

ところで、先日のゼロックス。見事名古屋グランパスが優勝しましたね。立役者はキーパーの楢崎正剛。もう引退している選手も多い年齢なのにうれしいですよね^^

「今季限りで・・・」なんていつ言ってもおかしくないのにこの活躍。見習いたいなぁ・・とおもいつつ、ゴンやカズがいる以上まだまだ頑張らないといかんだろう!ともおもいます。

んで、うちは某新聞を購読してるんだけど、それに今季のJチーム事情の企画があるのね。それに今日懐かしい顔を発見。

いや、頑張ってるのは知っているけど、最近メディア露出があまりないからね^^好きな選手のひとりだったんですよ^^

柳沢・・?ヤナギ・・・?

  

どこのおっさんだ?

 

間違えてヤナギのパパ載せたのか?

 

ごめんよ。柳沢・・・・もう、引退した方がいいんじゃないかな?w

 

・・・勿論ジョーダンですよwチャントウゴケレバネ・・・ぼそっ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/17

宇宙船長

宇宙飛行士の若田光一さんが国際宇宙ステーションの船長に就任する事が決まったらしい。

すごいことだよね!いままでこの「宇宙開発」の分野は米露の独壇場とおもわれていたけども、日本人がついにまとめ役になる日が来るとは!今までの数々の実績がみとめられてきたんだろう。もちろん若田さんだけでなく、多くの宇宙飛行士たちの、ね。

はっきりとしたものいいで文字通り「束ねる」タイプの船長だったんじゃないかと、勝手に想像してるんだけど、もしそうなら新しいいタイプの船長として、「調和」などの日本人らしいまとめ方でがんばってほしいね。
そして「日本人リーダーっていいネ!」と言ってもらえるようになればとんでもなくすごいこと!

今後日本人リーダーがスタンダードになったら・・・・夢が膨らみます。

ただ、今回は半年の滞在期間中最後の1/3の2ヶ月だけらしいので、「試用期間」ポイのが気になるところ・・・・。その期間をどんどん延ばしていってほしいなぁ・・・。

最終的にはオール日本人で!w期待します!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/15

駄賃返上

さて、久々の更新ですが、これまた久しぶりのツクールネタです。

 

先週末頑張って作ったのですが、比較的スムーズにいったのですが、イベントを足したので前に作ったものが動かなくなったり、全ての調整をとるのが難しくなってきましたw
スイッチもこんなに使って大丈夫かしら?と心配になっています。多分250もあるんで何とかなると思うんですけどね。序盤なのに10個はつかってるし・・・。

今回作ったのは子供が「お小遣い」をくれるイベント。

1.話しかけると「おにいちゃん、もう行くの?」と訊いてくる。

2.分岐「はいorいいえ」

3-1「いいえ」→子供「ちこくするよ~」→1に戻る

3-2「はい」→子供「これあげる」

4.分岐「もらうorもらわない」

5-1「もらう」→「3Gもらった」→子供「100倍返しね」

5-2「もらわない」→「あーあ、100倍返しとおもったのに」

6.子供「もうないよー」

 

意外と簡単にできちゃいましたw

 

逆に苦労したのが塔の屋上のイベント。

開始イベントの2ページ目を使うことで解消してできましたが、今度は止められないというねw

そこにかかるイベントを今度は作る予定です。モンスターを降らせますw

  

がんばるぞー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/07

迷子案内

今日買い物に行ったら、この時期の定番ソング「バレンタイン・キス」(で正しかったっけ?w)が流れていました。よく考えてみると、フルでちゃんと聴いたのって始めてかもしれないw
アァ、こんな曲だったけ?て感じでしたw

まぁ、それは置いておくとして、今日はFFXIで随分前に受けて放置していたバスクエの「退魔の報酬」をしてみることにしました。一応ソロで行って、あまり絡まれる事無く無事走り回れたのですが、一向にわからないことがあります・・・・。

   

どこいくんだ?w

 

 

いや、一応調べたんですよ^^;でもね、わかってる情報は「H-6」の「???」を調べる。

コレのみだったりしますwどこの「H-6」やねん!w

 

今度はちゃんと細かいルート確認しなきゃ(;;)

とゆうか、奥の部屋に閉じ込められたんだよね!三つ入り口があるとこで、その手前にあるスペース。螺旋階段があるあたり。そっから出れなくなってさ、ゴーストさんにやられちゃいましたw

しかも「呪符デジョン」を使って脱出してる矢先に(ToT)

結局なにもできず、何もわからず、「呪符デジョン」と「経験値」を失っただけOrz

 

今度はフレ誘って、ルートも調べなおして再挑戦だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/04

最強軍団

先日終了したアジア杯。ようやく録画していた分も見終わりましたw(やっとかよ^^;)

今回はザック監督、メンバーを固定してチームの浸透を優先していたのでしょうね。よく川島が外されないものだとおもいました^^;
しかし、それと同時になかなか出場に恵まれない選手にも多くのチャンスも与えている。見事な采配だったとおもいます。それで伊野波や李忠成が結果を残し、故障者が多かったけど代役を務めた者も仕事を果たしました。チームが一体になった感じでしたね。

忠成も初戦と、決勝のみの“スーパーサブ”ながら決勝弾!退場者や、欠場者が出る場合には事前に数分でもそのポジションでプレイさせる。見どころの多いアジア杯でした。まだ彼の通信簿をつけるのは早いでしょうが、ひとまず合格でしょうね。

しかし、そんな活躍よりも、最も印象に残ったのは「岡崎 57歳」w

検索ワードにもなってましたねwテレ朝おそるべしですよw

       

       

が、

  

が、しかしですよ!

    

それを超えるビッグニュース

   

  

  

ビッグクラブに入ってくれたのは素直にうれしい。
でも中田ヒデでさえローマ時代の「贅沢な控え」の一件以降陰りが見え始めたのも事実。
いるだけでも成長につながるかもしれないが、試合に出て、戦ってのレベルアップもあるだろうからね。
シュンスケや嘉人も出場を優先して戻ってきたわけだし・・・。

     

しかしまぁ・・・・ついにゲームかマンガでしたあり得なかった事が現実になってんだなぁ・・・

昔、98年くらいにやってた「俺たちのフィールド」ってマンガあったんだけどね、それの主人公とライバルが海外に散ってくのね。当然舞台は日本が初出場した98年のフランスW杯なんだけど、その大会後に海外に飛び出して、02年に再集結するラストだったんだけど、マジでそれがホンマモンになる日がくるなんてさ・・・。

GK川島にDFは吉田・槙野SBも内田・長友にたしか安田も行ったんだっけ?
中盤は本田に香川。阿部ちゃんと長谷部、松井。岡崎は一応FWにすべきか?
森本や巻、矢野・・・。カレンや坂田なども含めるとホントすごいこったw

なんとなく書き忘れたやつもいそうだがまぁいいやw(って書いたら家長をおもいだしたw)

そういや日本がFIFAランク17位だっけ?おめっと~~ぅ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/02

卒業唱歌

先日仕事に行く前にテレビの夕方のワイドショーで卒業ソングについてやってたんだ。
たしかにそうだよね。もう2月になったし(放送当時は1月だったけど)、そんな時期になっていたんだ・・・。何分「卒業」なんてものから“卒業”して随分と経つからね^^;ピンとこなかったよ。

最近はもう、結構いろんな楽曲が歌われているのは聞いていたけども、そんななかでも「新定番」もあるんだね、やっぱり。

ちょうど自分世代を境に、「仰げば尊し」「蛍の光」「贈る言葉」が廃れていって、かわりに「旅立ちの日に」といったものが台頭していたらしい。

高校じゃ音楽の授業すらなかったので、歌って踊ることもなく、また結構なマンモス校のためお約束の「セリフ」もなかったわけだが、まったくもった知らんかった。

       

なんでもこの曲は、「荒廃した学校を立て直すべく奮闘した校長と、音楽教師の努力の結晶」のようなものらしく、なんとなく歌ってきた上記の3曲とは何か違うよね。しかも“純国産”!だし、有名アーティストの歌を流行りで歌ったんじゃないのもいい。逆に歌えなかったのが損した気分なくらいだよ。(当時はラッキーって思っていたけどw)

ただ、いままでの“文化の継承”って意味でも「贈る言葉」はともかく、他2曲は歌い継いでほしい気もする。

そんなことをおもっていて、ちょいとノストラジックな気分になったので、これを探してきました^^

ちなみに有名だけど、「贈る言葉」は男女の別れの歌ですw
(冷静に歌詞をみるとそうだもんなぁw)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »